力道山と日本プロレス史 (梶原一騎著)を読んで


最終章以外は1971年の執筆らしいです。

漫画、劇画の原作では「空手バカ一代」の少年マガジン連載開始の頃の梶原一騎さんの、いわば絶頂期(私見です)に書かれたものです。

推薦文を極真会館の大山倍達総裁が故力道山関の思い出とともに書いています。が、その文章が梶原先生の筆致に似ているのもご愛嬌です。

当時大山倍達総裁と梶原一騎先生は大親友、義兄弟ともいわれた時代です。梶原一騎先生が多忙な大山倍達総裁に代わって自分で自著作品の推薦文を書いて、「大山先生、こんなことを書いておきましたけど、名前だけ貸してくださいね。」等と言ったんだろうか?と勝手に妄想しています。

それくらい私は梶原一騎先生も大山倍達総裁も力道山関も大好きでこの本を読めて幸せです。

アメリカ修行時代の力道山関のブック破りのエピソードが胸を打ちます。
ルー・テーズのように自分の試合の筋書きは自分自身で作ると決意したであろう力関の米日における思想と言動を代弁しているようで梶原一騎さんの
最も充実した時代の筆の冴えに感動します。

力道山と梶原一騎

力道山と日本プロレス史

梶原一騎先生が何かの本で力道山関について書いていたことがある。

まだ梶原さんが力関に面識のない頃、少年雑誌に力道山に関する読み物を書いたそうだ。

今なら本人の許可を取ってから書くだろうが肖像権とかパテントがずいぶんいい加減な時代の話、

ある時、力関本人から梶原先生のところに電話をかけてきたそうだ。

梶原さんにしてみれば許可も取らず、インタビューもなしで記事にしているものだから

ものすごい負い目をもってこわごわ電話に出たそうだ。

力関は開口一番、いつもプロレスや力道山について子供向けの読み物で好意的に書いてくれて

感謝しています、今後ともよろしくという内容だったそうだ。

叱られることもなく逆に優しい言葉を掛けられてお墨付きをもらったようなものでとても感謝したと言

うふうに結んでいたと思う。

ボクなど、もちろんテレビのプロレス中継や実写の「チャンピオン太」、少年雑誌の記事を読んで

力関について知識を仕入れていた。。





続・銀行の話①

金運アップ 100万円札束 祈願済み 金融機関共通帯 国産 札束 レプリカ ダミー 10束B



自分はサラリーマンだから不正行為を指示されても上司に従うが蜥蜴の尻尾切りされたら不正を公開してやるといったAだが競売申立の帰り喫茶店で熟睡中、持ち出した頭取名の訴訟印をバッグごと盗まれて処分された。

出世しなくても真面目に勤める銀行員の方が尊敬できる。

Aは賢いがふまじめな男だった。

めだかが☆になった

【保障2匹付き】 ハイグレードミックス メダカ 人気4種 10匹セット 幹之フルボディ 紅帝 深海 オロチ 各2~3匹づつ 種類 生体 めだか




うちにはめだかの水槽が三つある。

①卵を産む親めだかの水槽

②ふ化してから二週間以上経過した稚魚めだかの水槽。(年長さんと呼んでいる。)

③ふ化してからまだ二週間経過していない稚魚めだかの水槽。(年少さんと呼んでいる。)


一番安定しているはずの①の水槽の親めだかが☆になった。

原因は過抱卵だ。


ボクにめだかを飼う資格はあるのだろうか。悲しくなってしまう。




白川裕二郎さんの地上波出演について




白川裕二郎さんと押切もえさんと落語家の三人がテレビに出ていた。

タレント考案のファーストフードをスマホのアプリを通じて消費者に注文してもらいその数の多い人を勝ちとするゲーム番組だった。

裕二郎さんがグループや酒井一圭さんの突っ込みやフォローなしに単独で出演している点がたのもしかった。

映画とかテレビドラマで台本のあるやつは安心してみていられるんだけど、ライブとか取り直しなしの編集なしのバラエティー番組とかクイズ番組はハラハラする。

番組によっては裕ちゃんの失言や天然ボケをわざとクローズアップする場合があるから。

吾妻鑑と鎌倉殿の13人



六月の4週くらいの大河ドラマは吾妻鑑でいうと頼朝の記述が消されたあたりになるのでしょうか。いよいよ大泉洋さんも姿を消すのでしょうか。13人の合議の対象となったのは二代将軍の頃の話だからこれから物語は佳境に入るわけでしょう。

昔の大河「草燃える」で義時役の松平健さんが「鎌倉殿の13人」では清盛の役だし、二代将軍頼家の役が鶴見慎吾や郷ひろみだったことを考えるとあああれから四十数年がたったのだなあと感慨深い。


白川裕二郎さん準主役映画


ブラックエンペラー暴走伝説 下北沢総本部
ブラックエンペラー暴走伝説 下北沢総本部


裕二郎さんは準主役。
主演はガチンコファイトクラブでおなじみの梅宮哲さん。
裕二郎さんは暴走族の幹部で武闘派。
好演。
ワイルドな裕二郎さんに惚れ直すぜ。

裕二郎さんが奥さんについて語ることが


純烈LIP UBU LOVE 白川裕二郎 with プロポーズレッド (純烈撮りおろしブックレットシリーズ vol. 3)





裕二郎さんが奥さんについて語ることがほとんどないことから本当に結婚しているのかと心配したりしているが、大きなお世話だろう。

コンサートツァーでも、ライブハウスでも、テレビやYouTubeでもほとんど奥さんについて話しているのを聞いたことはない。なにも芸能人だからと言って家庭内のことについて話す義務なんかない。

夫婦仲良く暮らしていたってそれを世間に開示しなければならないと言う義務はない。奥さんの事を大事に思っているからこそ、公の場では何も語らないのだろう。夫は芸能人だが妻は一般の人で世間にさらしたくないと言う気持ちは良くわかる。

特に裕二郎さんの最寄り駅までつけて行ったストーカー老婆の話や、酒井一圭さんに脅迫状を出したり包丁を送りつけたりした異常者の話を聞くにつけ腹が立つ。こんな奴らは到底ファンとは言えない。


メンバーから料理は(奥さんと裕二郎さんの)どちらが作るの?と質問されたときにも裕二郎さんは、
「妻が作る。」とか「ボクが作る。」とか答えてはいない。


「ボクは魚料理が得意だから、、、、」と言うふうにしか発言していない。
質問に回答していないけど、いいんだよ。そんなことはどっちでも。


世間に向かって奥さんの事をあれこれ言わない方が好感が持てる。あれこれ、聞かれてないのに妻が、妻が、と言う輩に限って離婚は早い。それはつまり相手の事を考えずに世間に公表するからだろう。


そうは言っても純烈の人気ボーカルだから奥さんに係る裕二郎さんの発言を聞たい気もする。ボクが知っている裕二郎さんが語る奥さんの関連話はあと一個だけある。ずいぶん前の話だが、

「奥さんの兄弟のとこの夫婦がコロナの陽性反応になった。」と言う話。
これとても妻がどうこうしましたとか、妻はこういう人ですと言う話じゃない。


これを聞いて(あっ、やっぱり裕二郎さん結婚してるんだ。)と思って安心した。
繰り返すがボクは白川裕二郎さんのファンであって、裕二郎さんの奥さんのファンではない。当たり前だけど。










生活すると言う事

,水の事故、車の事故、熱中症、気をつけよう。



生きる (日本傑作絵本シリーズ)






象の大群

毎年この頃、象の大群が我が家にやって来る

乾燥剤「みずとりぞうさん」の大群です
【ケース販売】 水とりぞうさん 550ml 3個パック×15セット(計45パック)