一月十四日が父の命日だったので

早いもので父親が逝ってからもう丸六年が経った。生きていたら101歳になる。
生前、父は10台乗用車を買い替えたが不思議なことに全てダイハツのものだった。
私の貧乏サラリサーマン時代にもダイハツの軽自動車を私に買い与えているから11台もダイハツで購入したことになる。
ある時、なぜそんなにダイハツ車ばかり購入するのかと尋ねたことがある。ダイハツの前身の大阪發動機という会社が旧日本軍の上陸用舟艇を製造していたそうだ。父は大阪の住友電気から直接入隊したが
大阪時代にダイハツの技術に対する信頼のようなものが出来上がっていたようだ。地元企業への信仰と言ってもいいかもしれない。
シャレードなんかは物損事故で少しぶつけられただけで同型のものを三台も買い替えている。私から見れば運転が下手なのかそれとも金が余っているのかと問いたくなるくらいだった。これだけ贔屓にするとディーラーの方も親身になってくれる。担当が三人、父についたが最後の人はベテランの、整備士上がりのセールスマンだったので車のことをよく知っていた。また、一人暮らしの父を気遣ったりもしてくれた。

父は85歳を過ぎた頃からよく物損事故を起こし出した。少し傷つくとすぐ新車に変えた。91歳の頃、田舎の道を走っていて田んぼのわきの用水路に落として新車に変えた。衝突防止機能がついていた新型車だった。92歳になってその機能が付いていながら追突事故を起こした。ディーラーのセールスマンにまた新車を買うからと電話をした。

セールスマンは人身事故を起こしてはいけないから車はもう売れません、お父さんを説得してくれと私に電話をして来た。車を売ってなんぼのセールスマスがもう売れませんと言うからには私も真剣に父のことを考え話し合った結果、車は買わない、乗らない、免許は返納と言うことになった。92歳だったから遅すぎたかもしれない。世間に迷惑を掛けなかったことが不幸中の幸いだった。




純烈の初代メンバーがそろった

11月10日の大阪のコンサートで純烈の初代メンバー人がそろったって聞いた。星降る街角等二曲を披露したらしい。
林田達也さんも友井君も参加したそうだ。
特に友井君のダンスはブランクをものともせず相変わらずキレッキレだったみたいだ。

俺は見れなかったけど、良い事だと思う。新メンバーもいいけれど旧メンバー再結成でもいいんじゃないか。

トニーこと赤木圭一郎について



Wikipediaでトニーと検索しても赤木圭一郎と結果が出ることはない。
そういうふうに時代が変わりつつあると思うと寂しい。
Wikipediaのスタッフ自身が若い人で構成されているので誰も知らないのだろう。

やがて僕らがいなくなるころには赤木圭一郎と言っても何代か前の歌舞伎役者と同じように
余程のマニアでなければ名前を知らなくなるのだろうと想像すると少し悲しい。



上記の写真集自体は近年のものかも知れないが表紙の赤木圭一郎は1961年2月に亡くなっているので画像は今から61年ほど昔のものである。ツィードのコートの襟を立て寒そうに背中を丸めたトニーの表情は全く古さを感じさせない。

けどボクは子供の頃テレビでインタビューに答える赤木圭一郎を見たことがある。


アナウンサー「赤木さん。差し支えなければ身長体重をおしえてください。」

トニー「ああいいですとも。身長は五尺八寸で体重は十七貫です。」



トニーは尺貫法で答えたのである。 (175㎝、63㎏ほど ) 無理もない。存命なら80歳くらいだ。






或る倒産の現場・銀行の話


「“コロナの借金”が返せない!? ゼロゼロ融資・42兆円の反動」



ボクがまだ銀行員だった時のことだ。ある倒産事件を思い出して胸が痛くなることがある。

通常、銀行員が倒産の現場に出向いたところで得るものは何もない。苛立った債権者の群れに混じっても、ろくな目にあわない。銀行員は場馴れしていないため、黙っていても必ず周りに正体が知られてしまう。

そして、素人債権者や下請け、従業員たちに囲まれて社長の個人預金はわしらの未払い代金として現金で持って来いと怒鳴られたりすることがある。

たとえ銀行に倒産企業の口座が残っていて、何十万円かの預金があったとしても、何千倍かの回収できない貸出金があるとすれば、銀行こそが不幸な最大の債権者だと言う考え方は否定されなくても良いはずだ。

正式の債権者集会でさえ、銀行だけが一番や二番の上位に抵当権を付けて、借り手が倒産するとすぐ差し押さえ競売を申し立て、涼しい顔して貸金回収をする。そんなふうに思われている。

事実、ボクも銀行員時代は罵声を浴びせられたこともある。しかし、これは見当違いの八つ当りもいいところだ。一般債権者が妬むほどのガチガチの保全主義は、そうでもしなければ、他には何ら強力な貸出金の回収手段やノウハウを持たない銀行にとっては無理からぬことなのである。

では、何ら「担保」「保証」を持たない「信用貸出」の先が倒産したら、銀行はどうやって債権回収をするのだろうか。

「バルク・セル」と言って債権買い取り会社に債権残高に比して、ほとんど二束三文に近い値段で「叩き売り」するのである。

だから、臆病な銀行にとって、信用貸付はレア・ケースである。経営者の人柄や企業の将来を信じて担保も保証人も付けずに貸し出すことはほとんどあり得ない。

しかし、ボクはかつて、例外的に一部上場家電会社の部品製造下請け会社に対して1億円の短期融資案件を実行したことがある。ところが、1億円の融資時点ではN社の資金繰りは破綻していたのだ。

1回目の不渡りを知ったボクは、N社を訪問した。すると既に事務所は債権者で溢れ返っていた。反社会的勢力とおぼしき連中に両側を固められたN社の社長が、社屋から玄関前に停車された黒い大型車に乗せられようとしていた。

社長と目が合ったので、思わず「社長! ギブアップするの?」とボクが問いかけると、反社の若い衆が「こら! 何じゃ、われ! 帰れ!」と恫喝してきた。そしてそのまま社長を乗せた反社の車は走り去った。

未回収確定の1億円の貸出金、自分に対する懲罰処分、そんな些末な不安より、N社の社長に裏切られたと言う感情がボクを責め苛んだ。

社長が連れ去られた後、N社の駐車場に集まった債権者に向かって呼び掛ける怪しげな事件屋の声がいつまでも響いていた。

「債権買うよ~。手持ちの請求書だけでもいいよ。債権額の5%から10分の1で!」

倒産の現場には、債権者と債務者、そして怒りと悲しみしかない。

大相撲出身で紅白に出た歌手は誰だろう?

結論から言うと、元大関増位山関は正式には紅白未出場らしい。

増位山太志郎 ゴールデン★ベスト
増位山太志郎
テイチクエンタテインメント
2011-04-06


相撲が弱くなるからと言って日本相撲協会の誰かが止めたらしい。
嫌だなあ。
そういうとこが大相撲の悪いところだ。

いじめや差別、稽古にかこつけた人権侵害もどきの嫌がらせ、嫉妬によるリークや足の引っ張り合い。
恥かしい。国技なんて言うな、と思う。

白川裕二郎さんは角界を去ってから二十年以上経ってから紅白に出ている。
それも今回で五回目だ。

増位山関のような超有名力士じゃないけど、関取じゃなくて取的さんだけど。
最終的には序二段でケガで廃業だけど。

もしも、うまくいっていたら僕らは「綱の富士」という関取を見ていたかも知れない。



力道山と日本プロレス史 (梶原一騎著)を読んで


最終章以外は1971年の執筆らしいです。

漫画、劇画の原作では「空手バカ一代」の少年マガジン連載開始の頃の梶原一騎さんの、いわば絶頂期(私見です)に書かれたものです。

推薦文を極真会館の大山倍達総裁が故力道山関の思い出とともに書いています。が、その文章が梶原先生の筆致に似ているのもご愛嬌です。

当時大山倍達総裁と梶原一騎先生は大親友、義兄弟ともいわれた時代です。梶原一騎先生が多忙な大山倍達総裁に代わって自分で自著作品の推薦文を書いて、「大山先生、こんなことを書いておきましたけど、名前だけ貸してくださいね。」等と言ったんだろうか?と勝手に妄想しています。

それくらい私は梶原一騎先生も大山倍達総裁も力道山関も大好きでこの本を読めて幸せです。

アメリカ修行時代の力道山関のブック破りのエピソードが胸を打ちます。
ルー・テーズのように自分の試合の筋書きは自分自身で作ると決意したであろう力関の米日における思想と言動を代弁しているようで梶原一騎さんの
最も充実した時代の筆の冴えに感動します。

力道山と梶原一騎

力道山と日本プロレス史

梶原一騎先生が何かの本で力道山関について書いていたことがある。

まだ梶原さんが力関に面識のない頃、少年雑誌に力道山に関する読み物を書いたそうだ。

今なら本人の許可を取ってから書くだろうが肖像権とかパテントがずいぶんいい加減な時代の話、

ある時、力関本人から梶原先生のところに電話をかけてきたそうだ。

梶原さんにしてみれば許可も取らず、インタビューもなしで記事にしているものだから

ものすごい負い目をもってこわごわ電話に出たそうだ。

力関は開口一番、いつもプロレスや力道山について子供向けの読み物で好意的に書いてくれて

感謝しています、今後ともよろしくという内容だったそうだ。

叱られることもなく逆に優しい言葉を掛けられてお墨付きをもらったようなものでとても感謝したと言

うふうに結んでいたと思う。

ボクなど、もちろんテレビのプロレス中継や実写の「チャンピオン太」、少年雑誌の記事を読んで

力関について知識を仕入れていた。。





続・銀行の話①

金運アップ 100万円札束 祈願済み 金融機関共通帯 国産 札束 レプリカ ダミー 10束B



自分はサラリーマンだから不正行為を指示されても上司に従うが蜥蜴の尻尾切りされたら不正を公開してやるといったAだが競売申立の帰り喫茶店で熟睡中、持ち出した頭取名の訴訟印をバッグごと盗まれて処分された。

出世しなくても真面目に勤める銀行員の方が尊敬できる。

Aは賢いがふまじめな男だった。

めだかが☆になった

【保障2匹付き】 ハイグレードミックス メダカ 人気4種 10匹セット 幹之フルボディ 紅帝 深海 オロチ 各2~3匹づつ 種類 生体 めだか




うちにはめだかの水槽が三つある。

①卵を産む親めだかの水槽

②ふ化してから二週間以上経過した稚魚めだかの水槽。(年長さんと呼んでいる。)

③ふ化してからまだ二週間経過していない稚魚めだかの水槽。(年少さんと呼んでいる。)


一番安定しているはずの①の水槽の親めだかが☆になった。

原因は過抱卵だ。


ボクにめだかを飼う資格はあるのだろうか。悲しくなってしまう。




白川裕二郎さんの地上波出演について




白川裕二郎さんと押切もえさんと落語家の三人がテレビに出ていた。

タレント考案のファーストフードをスマホのアプリを通じて消費者に注文してもらいその数の多い人を勝ちとするゲーム番組だった。

裕二郎さんがグループや酒井一圭さんの突っ込みやフォローなしに単独で出演している点がたのもしかった。

映画とかテレビドラマで台本のあるやつは安心してみていられるんだけど、ライブとか取り直しなしの編集なしのバラエティー番組とかクイズ番組はハラハラする。

番組によっては裕ちゃんの失言や天然ボケをわざとクローズアップする場合があるから。
お問い合わせ