純烈裏話〈 酒井一圭・リーダー男泣き 〉



純烈 友井雄亮 特典ブロマイド 2枚セット

 

 

去年一月プレス会見で純烈のリーダー酒井一圭さんは友井雄亮さんの離脱引退問題に絡んで質問を受けた時、

「ボクの中ではあいつはもう死にました。だから、二度と会うことはない。」

と、発言した。
この言葉をどう感じるかは、受け止めた人によってさまざまだと思う。
冷たい人だと思う人もいれば、当然だと考える人もいたはずだ。

筆者は、その後の酒井一圭さんのコンサートやスーパー銭湯でのライブを見るにつけ、あの発言は彼の本心とは別物だと思う。あのプレス会見の状況では、ああ語るしかなかったのだ。

考えてみてほしい。自分が企業の責任者で部下に係るなにがしかの事件が公になった時に、部下をかばうことができるのか?答えは否である。

あの会見は謝罪会見という位置付けである。他のメンバーに責任はないにしろ、無責任なマスコミはそういうスタンスで純烈を叩きに来ている。

会見の対応次第では純烈は焼失していたかも知れない。
酒井リーダーは心を鬼にして「友井は死んだ。」発言をしたに違いない。

同様の発言は会見以降のテレビ出演時に、リードボーカル白川裕二郎君の発言にも見受けられる。その件についてはまた別件での述べてみたい。



さて、会見後のリーダー酒井さんの言動である。

・ファンに対して、二度と会わない、あいつは死んだと言い放った友井君からの手紙を預かってきて読み上げた。手紙には、ファンに迷惑をかけて申し訳ありませんという友井君の思いが切なくつづられていた。

・騒動から何か月かして後に友井君に会ってきたことをファンに報告している。
  「元気な様子でした。もう芸能人ではなく、一般人の顔に戻っていた。」
  「仕事は、事務職で電話番みたいなことをやってるみたい。」


・作詞家酒井一圭として友井君のために書いた『純烈一途』という曲は以前は酒井さんと友井君の二人で歌っていた。今は、コンサートなどでは酒井さん一人で歌っている。そうして、歌いながら、涙ぐむ。時に友井君を思い出して号泣する。


・もうこの話( 友井君の脱退の件 )については二度としない、と言いながら、中野サンプラザやディナーショウで友井君のエピソードを語り、泣きそうになる。




熱いぞ!純烈リーダー酒井一圭
鋼鉄(はがね)の猛牛ガオ・ブラック‼(役名)
あばれはっちゃく‼(役名)
ファンはあなたを支持するぞ!
い~い人なんだ!きっと。



       ( 本人と語り合ったことはないので筆者の思い出で書いています。)

逆転あばれはっちゃく HDリマスター DVD-BOX【昭和の名作ライブラリー 第12集】


           

銀行の話② <不渡り手形と消えた振出人>

世の中には、人を騙して金儲けを企む悪人がいる。

詐欺師の事だが、民法の考え方では「詐欺は騙される方にも落ち度がある」というのがある。民法が受験科目の資格試験である「宅地建物取引士試験」や「行政書士試験」にはよく出題される。

例えば、「脅迫」と「詐欺」によって不動産を第三者名義にされた時に被害者(元の持ち主)の権利をどう守るかというふうに出題される。この答えは「脅迫」の場合は全面的に被害者の権利が守られるが、「詐欺」の場合は「善意の第三者に対しては対抗できない」としている。

つまり「詐欺とは知らずに詐欺師や詐欺師から不動産を購入した者からさらに転売された人」の方が詐欺師に騙された人より気の毒だから守ってあげようという考え方だ。

権利がぶつかり合った時、より気の毒な方の味方をするというわけだ。詐欺師に騙されるあんたにも落ち度があるでしょうという考えだ。ボクはこの考え方には納得いかない部分があるが、それこそ専門家が幾星霜かかって築き上げた法理論だから、文句は言うまい。

ただし、詐欺師は悪党だ。絶対、罰せられるべきだ。

ボクの銀行勤務時代の話だが、若い頃、営業担当者として退職一時金を預金にお預かりしたことから贔屓になってくれたお客がいた。彼は、地方のマスコミに永年勤務した人だった。紳士で退職時には社内でも相当な地位にいた人だった。報道機関にいながら事件現場や取材活動の経験はなく、反面、企業のオーガナイザーとして辣腕を振るった人物だと後から知った。

その人が、所有する市内一等地の遊休不動産を売った。自宅は郊外にあった。不動産取引後、彼は土地売却代金を全額預金すると電話をしてきた。訪問してボクは奇異な感じがした。

土地代現金5000万円と、3通の約束手形、内訳は2000万円2通と1000万円1通。しかも、手形の期間は6ヶ月、9ヶ月、1ヶ年だ。聞けば買い手は市内不動産屋某で「金額が1億円なので半金半手にしてください」と言われてキャッシュ5000万円、手形5000万円を持ちかえったそうだ。

「半金半手」とは、半分を現金(振込)で、残り半分を手形で支払うという支払方法のことだ。

不動産取引で半金半手なんか聞いたことがない。半年から1年の手形なんか、詐欺師が土地を転売して逃亡するのに十分だ。ボクはすぐに弁護士さんに相談して手を打ちましょうと提案した。彼は6ヶ月様子を見ようと言った。それは甘いとボクは思ったが彼には思惑がありそうだった。

果たして6ヶ月後、2000万円の約束手形は無事落ちた。しかし、案の定、残りの2通はやはり不渡り手形で返却された。付箋の付いた手形を筆者に示し彼は言った。

 「私はあの土地は元々、5000万円以下の値打ちしかないと思っている。前の道は二項道路(建築基準法42条第2項に規定される狭い道の事。この道に面すると建築制限が付くので土地の価値は低い)だし、他の業者に聞いても5000万円はしないと言うことだった。 


彼は、一息ついて驚くべき事を言った。

 「実は、あの不動産屋の某は私の小中学校時分からの友人だった。彼が何故今回こんな手の込んだ事をしたのか、私には分からない。彼にどんなバックが付いていて彼にどんなメリットがあるのか興味もない。ただ、私は遊休土地の固定資産税を納めるのが面倒だったし、あいつ(不動産屋某)の役に立てばそれでいい」


ボクは違和感を覚えたものの、彼に被害者意識がない事が救いだった。
しかし、不動産屋某は2回の不渡りを出し、銀行取引停止処分となる前にこの町から姿を消した。
行方は知れない。

不渡り理由は「資金不足」だった

銀行の話①<宅建を取っては見たけれど>

同期が過労死した。まだ、29歳だった。

大学ではラグビー部にいた。人一倍頑丈な身体をしていたはずの男がなんで、こんな目に合うのだ。
結婚して数年で、女の子と男の子が一人ずついた。訃報の少し前に、同じように幼子を連れた彼の家族とボクの家族が偶然、ぬいぐるみショーの会場であったばかりだった。


支店長によると、同期の彼は昼間は金利引き下げを受けて法人や駆け込み預金のお客の家を休む間もなく訪問し続け、夜は利下げ後に一気に提出する融資案件の構成のため職場で、半徹夜 が続いていたそうだ。

同期の出世頭で、同期の飲み会ではいつも中心にいた。年代を越えたゴルフコンペでもいつも上位だった。スポーツマンで話題豊富で周りを和ませたので、役員や上司、先輩、お客にも人気があった。


残業続きの明けで支店長主宰の接待ゴルフの打ち上げで、表彰式の司会中にマイクで話していてドスンと仰向けに倒れた。
彼がふざけていると勘違いした支店長が、

「おい、君。ふざけるのはやめたまえ。」

と言ったが、身体は、もうすでに動かなくなっていた。

救急車で運ばれた病院で心不全と診断された。




ボクは、彼を死なせたのは支店長であり、銀行だと思う。明るく、スポーツマンに見えた彼だが、生前、ボクには悩みを打ち明けた事がある。

ちょうど、ボクが、大阪の支店に転勤する前のことだ。もう、しばらくは会えないかも知れないと彼は電話で告げ、ボクを屋台の一杯飲み屋に誘った。



「大阪転勤、よかったな。お前は頭がいいから、出世するだろうな。俺の分まで頑張ってくれ。」

ボクは驚いた。彼こそは同期の出世頭で文武両道と思っていたその本人の口から、そんな言葉が出るとは夢にも思わなかった。

「俺は、そろそろ、この銀行を辞めようと思う。仕事はきついし、家族のもとにも帰れない。日曜は日曜で嫌な支店長のちょうちん持ちで、接待ゴルフだ、宴会だと、召使い扱いだ。

銀行に入って、覚えたのはノルマの消化方法と『預担*』くらい。

決算書の分析もできないし、商業科出て入行した後輩の女子行員の方がまだ、ましだ。」



やけに厭世的な彼の言葉が最後の会話となろうとは、ボクは夢にも思わなかった。

「辞めてどうする。」

「親戚が田舎で小さな不動産屋をやっている。跡継ぎもいないし、そこに行くつもりだ。」

それから、彼は亡くなった。


告別式に間に合わなかったボクは、彼と特に仲の良かった二年先輩の人と一緒に彼の実家に向かった。



同期の両親の悲しみ様は見ていて気の毒で哀れで僕と先輩は滞在中、ずっと涙が止まらなかった。

線香をあげてお香典を供え、お悔やみを申し上げると父親が息子のことを話し始めた。


「息子は、かねがね言っていました。自分は銀行員は務まらない。残業で身体を壊しそうだし、寝不足で運転中、何回も事故を起こしそうになった。ノルマができないと、人格を否定されるように罵倒されるし、給料もいつまでたっても増えない。

接待ゴルフだ飲み会だと上司にいいように振り回されて、肝心の銀行業務や決算帳簿、外国為替、融資案件の取り組み方法については何も指導してくれない。質問しても自分で勉強して身につけろと突き放される。

そして、なにより、仕事に生きがいも熱意も持てない。健康状態も限界だし、精神的にも参っていると。」


母親が言葉をつないだ。

「先週、あの子から電話がありました。叔父の不動産会社に入れさせてほしいから、話を通してくれというものでした。銀行はどうすると聞いたら、来週にでも退職届を出すのだと。もう決心したからと言っていました。」


そして父親はボクらに言った。

「私の兄弟が不動産屋をやっていまして、息子は空いた時間で不動産の免許を取る勉強をやっていました。息子と仲良くしてくださったあなた達に形見と言って何もないのですが、この不動産の資格試験の本をもらってやってください。

それから、息子のように過労で職場のせいで命を縮める人が出ないような会社にしてください。」


先輩とボクはありがたくご両親のご意思をいただいた。先輩は参考書をボクは問題集をもらった。
同期の家を辞して後、先輩が僕に言った。

「お前、あいつと親友だったんだから、これで勉強して。、いつか宅建取ってやれ。」


先輩はもらったばかりの参考書もボクに押し付けた。

「いやですよ。俺、不動産に興味ないし、頭悪いし。ムリムリ。」

「いや、亡くなったあいつは同期の中じゃお前が一番頭いいと言ってた。すまんが、お前、いつでもいいから、それがあいつの供養だから、弔い合戦と思って、宅建取ってやってくれ。」


先輩は調子のいいことを言って、すべての責任をボクに負わせた。ボクは仕方なく勉強を始めた。

それでも、相変わらず、銀行のノルマやバカな勤務体系は変わらずボクらにのしかかってきた。あんまり、たびたび、不合格が続いて受験をあきらめた年もあった。

合格まで年月がかかりすぎて同期の受験しようとしていた資格は「宅地建物取引主任者」から、「宅地建物取引士」と名称が変わった。

やっと合格した時にはボクは中年を過ぎていた。合格して間もなくボクは銀行を退職した。




  *預担=預金担保貸付
     預金を担保として拘束し貸し付ける融資方法
     融資は、預担に始まり、預担に終わるともいう。
     単純預担もあるが、預金者と借入人が異なる場合など権利関係が複雑になることもある。

     同期が預担は簡単と言ったのは手続きは単純だというほどの意味でした。

ボクらのヒーロー赤木圭一郎〈薬物、殺人、性描写皆無の日活健全映画〉

「紅の拳銃」!かっこいいなあ。赤木圭一郎。

「抜き射ちの竜」、「霧笛が俺を呼んでいる」も良かったけど、こちらも良かった。


殺し屋のくせに一人も殺さずにお人好しで、事件に巻き込まれ、結局は正義のために戦う‼


寅さんのパターンに、どこか、似ている。


巨匠横山光輝さん作品を考察してみる

おおげさな見出しで恐縮だが、多ジャンルでヒット作品を描き続けた戦後漫画界の巨匠について は、残虐なシーンがまったくない。


少年(幼児)のボクにとって見たくない残虐シーンを描く御三家は、水木しげる、白土三平、楳図かずおの三人だった。
紙芝居作家から転身した水木先生の貸本屋時代の作品は本当に怖くて目をそむけずにはいられなかった。何かに取りつかれたような絵やストーリーに耐えられなかった。

白土三平さんも紙芝居、貸本業界経由のマンガ家だが、やたらと人が負傷する、死ぬ。それも他者の暴力によって殺戮が行使される。世はまさに、60年安保闘争の時代で白土さんはある種のメッセージを作品に叩きつけるように描いていたが、ガキんちょのボクには全く受け入れる力はなかった。

楳図かずおさんについては、そういう怪奇な話や恐怖が現実にあって、楳図さんは漫画という手段を使ってそれを 世間に発表していると思ったから、怖さは倍増し、ボクは心身の成長期にダメージを負ってしまった。
その証に、後年、楳図さんが「まことちゃん」という破天荒なギャグマンガを発表したが、友人たちのように「まことちゃん」を面白い、可愛いとは思えなかった。


その点、横山光輝さんの漫画はどの作品も怖がり読者のボクに取っては安心して読めた。
しかし、横山光輝さんの描く忍者マンガは戦いを描く。必ず人が死ぬシークエンスはある。本来、残虐なシーンをそう思わせないために横山さんは人が死ぬ場面に於いて数コマをカットした。
最も顕著なそのシークエンスは、「伊賀の影丸・由比正雪の巻」ラストシーンである。
軍学者由比正雪は実は忍者だったという真相が明かされ、影丸との決着戦に敗れた正雪は深手を負い、切腹し、介錯を部下に依頼し、死んでいく。
部下が丸橋忠弥だったか、金井半兵衛だったか、ボクには記憶が無いが、部下が刀を振り上げ正雪の首を落とすシーンはカットされている。

この場面を水木しげるさんや白土三平さんが描いたら、とんでもない作品になったことだろう。
往時、プロレスの流血試合をテレビで見て全国で何人かのご老人がショック死した。
水木さんや白土さんがこのシーンを描いたら、ボクはマンガを見てショック死した全国初の小学生になっていただろう。

そういう訳で、見出しで「考察する」などと、大層なことを言い、尻切れトンボで駄文を終わらせるボクだった。(これが、一番ショックだったりして。)

【 フェイクニュウズ 】純烈リーダー酒井一圭激怒!「帰れ‼くそばばあ!ダフ屋からticket買うなゆうたやろ!」


純烈 酒井一圭 ポスター

純烈は、白川裕二郎のボーカルと、酒井一圭のプロデュースで紅白歌手にまで上り詰めたとボクは個人的に思っている。もちろん、辞めた友井君、林田君を含め、小田井さんや後上くんの力によるものだとも思っている。だけど、リーダーが、酒井君であったことの幸運を、純烈のメンバーとファンは感謝すべきだろう。

努力しても芽の出ない歌手や俳優は五万といる。時間はかかったけれども純烈は十一年間と言う下積みを乗り越えてついに日の当たる場所に出た。それはレコード会社やスタッフの力もさることながら、何をおいても純烈のリーダーが酒井くんであったことによるものだ。


その酒井君が最近、激怒した事件があった。現在、純烈のコンサートのチケットは入手が極めて困難である。まず、ファンクラブの会員となり、チケット購入のための優先権を得ることがベストだ。そのうえで、温泉ライブだろうと、ディナーショーコンサートだろうと、地方の後援だろうと、電話予約をガンガンする方法しかないだろう。


その電話予約にしても、解禁日の解禁時刻に電話しても、まず、スムーズに電話がつながることはない。地方の市民会館のコンサートの時など、スマホで200回ほど、電話してやっと、チケットが取れた。ホテルのディナーショーは、午前九時受付開始から40分間、電話をかけ続けてやっとつながった。苦労したのでランチショーもディナーショーもチケットを買ってしまった。


純烈のファンとして一番有名な72歳の婦人は大病を患ったが、日本全国、純烈の追っかけをしているうちに病は安定して日々充実した生活を送っているという。仮にKさんと呼ぶ。Kさんはこれまで純烈のグッズやCD購入、追っかけの旅費、宿泊代で数千万円ほど費消したと豪語する。ボクはKさんの生き方について数千万円はともかく、好感を持つ。72歳でも一病息災で温泉アイドルに熱を上げたっていいじゃないかと思う。ボクより年上の婦人が病に負けずに元気で頑張って生きているのがいい。

そのKさんにしてからが、もちろん、ファンクラブの会員でチケット購入の優先権はあるにせよ、他のファンと同じ苦労をしてチケットを購入している。解禁日、解禁時刻に、スマホ片手に何十分も何百回も電話して苦労してチケットを買っている。それが平等でいいんじないかとも思う。


ところが、最近、このチケット購入をめぐって事件が起きた。ダフ屋が、介入していたのだ。一枚三千円のチケットをネットで一枚三万円からオークションにアップしたのだ。純烈の事務所やメンバーは、ネットで買わないでくださいとアピールした。ダフ屋から買うのは違法行為です。反社会的勢力に資金を供与するのは犯罪です。本当の純烈のファンに、チケットが回らずに、不公平です。と、ことあるごとに訴えてきた。

あるマダムがツィートした。「そうは言っても電話してもなかなか購入できないからネットオークションで35000円で落札したわ。」違法行為です、犯罪です、不公平ですねと叫び続ける純烈のメンバーの意思を無視したのだ。
違法チケットに手を出したマダムのフォロワーは激減した。逆に抗議のツィートが激増し炎上した。このマダムは二度と違法チケットに手を出さないとフォロワーに謝罪した。


そして、純烈の事務所もメンバーも動き出した。あるコンサートの会場にネットオークションで入手したチケットを持ってきた客に対して運営会社が入場拒絶したのだ。運営側は違法チケットのナンバーをつかんでいたのだ。
「そのチケットでは入場できません。」「違法行為ですから。」「お引き取りください。」

もちろん、ネットオークションで十倍以上の高値で購入したマダムたちは不満たらたら、大声で騒ぎ始めた。たまたま、コンサート会場入り口を通りかかった純烈リーダーの酒井一圭氏がそれを聞きつけた。

違法チケットマダムは一斉にリーダーに訴え始めた。

「おかあさんたち、御免やけど、ダフ屋とか、ネットオークションとかでチケット買うのは止めてって、俺らがゆうてきたの知ってんのやろ?」
暴力団やダフ屋から買うのは犯罪やてゆうてきたやろ。苦労してチケット並んで買いに来てはる人に対しても不公平やろ。」


それでも、違法マダムたちはますます、声高に抗議する。
とうとう、リーダーがブチ切れた。


かましい‼黙れ‼くそばばあ‼あかんもんはあかんのじゃ!ダフ屋からチケット買うようなやつは純烈のファンとちゃうで!帰れ‼カエレ!二度と来るな‼」


けだし正論である。ファンはあんたを全面的に支持する‼
熱いぞ!酒井一圭あばれはっちゃく。ガオ・ブラック。いい~人なんだ。

 

 

   この話は事実に基づくフィクションです。

 

 

「男は目ヂカラだ!」純烈一途は友井雄亮君のことを歌ったリーダー酒井一圭さんの作詞

純烈のリーダー酒井一圭さんの作詞なんだけど、良い詩(歌詞)だと思う。

 

この曲を歌うのはリードボーカルの白川裕二郎君じゃなくて、リーダーの酒井一圭さんと引退した友井雄亮君の二人だった。

純烈 友井雄亮 特典ブロマイド 2枚セット

 

ちょっと歌詞を見てほしい。

 

純烈一途とはよく言ったもんだ。

こんないい曲の歌い手のうち一人が引退するなんて、哀しい。もったいない。

ステージでの友井君の、キレッキレッのダンスや、突っ込みの上手さをもう一度見てみたい。

その前にご両親のサポートで引退した林田達也君。

 

彼も含めて純烈は六人。そう、ボクは今でも思っている。

 

 

 

 一度決めたら どこまでも
二度と帰れぬ 片道切符
三度駄目でも 痩せ我慢
懲りない奴らの大博打

男は目ヂカラ
燃えて 燃えて貫いて
純情 烈夫の ごとくあれ
純烈一途に


あんたの夢に 賭けたのよ
命も愛も 全部持ってけ
手を振りながら 強がっても
やっぱり抱きしめて 愛しくて


女は目ガシラ
熱く 熱く潤ませて
純粋 可憐な 花であれ
純烈一途に

どれだけ 遠くても
夢を 夢を追いかけて

男は目ヂカラ
燃えて 燃えて貫いて
純情 烈夫の ごとくあれ
純烈一途に

 



●『仮面ライダーアギト●番宣ポスター』B2サイズ●2001●賀集利樹●友井雄亮●要潤●純烈●石ノ森章太郎●平成ライダー●ジオウ●ギルス 303

仮面ライダーアギト 4巻 賀集利樹 秋山莉奈 要 潤 友井雄亮 純烈
上は友井君が出演していた仮面ライダーアギト




183 純烈写真集
ボクは今でも純烈は6人だと思っている

友井雄亮 ニコカフェ コラボ コースター ノベルティ 非売品 純烈

できる事ならいつの日か友井君にカムバックしてほしいと思う

純烈白川裕二郎その華麗なバックスピンキック

ふたご座で移り気な人だと知りながら



気が付けば来てました。貴方の北国へ。



で始まるこの曲。



女心の切なさを歌ったお約束のムード歌謡曲だ。



純烈が、他のムード歌謡グループと一線を画するのは、



けっこう激しい振りのついたdanceをしながら歌うからだ。


ゆう―白川裕二郎写真集


曲終わりにリードボーカルの白川裕二郎さんがフロント・ハイキックをしたり、



バックスピン・キックをすることがある。



曲の内容と裕二郎さんのパフォーマンスとは何の関係もないのだが、



オーディエンスは、綱ノ富士こと白川裕二郎さんの並外れた運動神経を再認識させられることだろう

 

 

昔、ボクらがちびっこだったころの、忍風戦隊ハリケンジャーのアニジャを思い出す人もいるだろう。

忍風戦隊ハリケンジャー Vol.9 [DVD]

忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIE

純烈リーダー酒井一圭と革命戦士長州力



長州力DVD-BOX 革命の系譜 新日本プロレス&全日本プロレス 激闘名勝負集
ご苦労様でした。吉田光雄さん。長州力の看板を44年もの間、守ってこられて。好敵手天龍源一郎さんとは違った意味でのミスタープロレスと呼んでいいだろう。


純烈の酒井さんにとっては長州力は初めて身体にさわったレスラーだったらしい。初めて見て触れて強く雄々しいプロレスラーとして認識したのが、長州力だったわけだ。


初めてといえば、日本人レスラーのマイクパフォーマンスで、レスラー自身がレスラーに向かって呼び掛けてのは、長州力藤波辰爾に使ったのが初めてだったらしい。

アントニオ猪木も、大仁田厚も、ラッシャー木村も、マイクパフォーマンスは、観客に向けてのものだった。
アントニオ猪木は、「どうですかー!お客さんー!」とか、
「元気ですかー!」と言っている。

大仁田厚は、客に向かって、
「これが、オレの、オレの、オレの、生きざまじゃー!!」と、連呼絶叫する。

ラッシャー木村は、律儀に、
「こんばんは、ラッシャー木村です。」と、大観衆に挨拶してしまう。


日本初の対レスラー用のマイクパフォーマンスを反芻する。


「藤波ーっ!オレはお前のかませ犬じゃーないぞーっ!!」

 

長州力がこう叫んだ瞬間から、日本のプロレスは新しい時代を迎えた。長州力が『革命戦士』と呼ばれた由縁である。
【Amazon.co.jp限定】長州力 〜革命戦士のファイナルロード〜(複製サイン入りブロマイド付) [DVD]

実は、純烈のリーダー酒井一圭さんはプロレスのリングに何度か上がっているそうだ。コンサートの自己紹介では、

「純烈で渡辺徹を担当していますリーダーの酒井一圭です。」

といって笑いを取る酒井さんだがそのマイクパフォーマンスの上手さは尊敬する長州力譲りかも知れない。







野良犬

もし林田達也さんが純烈に復帰したら

林田達也さんの復帰を望むファンも多いと聞くが、ボクは可能性は低いと思う。

もちろん彼は好青年であることには違いない。

けれど、彼には彼の生活がある。

純烈を卒業したのは二年前になる。

理由は両親のサポートだったし、聞けばあばあちゃんもご健在だったらしい。

「(ほかのいとこたちが落ち着いているのに)達也のことだけが心配だ。」

と言うおばあちゃんの意見もあったらしい。


普通の仕事について普通の暮らしをしていく。

そう決めた達ちゃんのカムバックはありえないと思う。もうしばらくの間は、、、、。



もし、復帰してくれればこんなにうれしいことはない。

夢は「紅白」! 親孝行! 純烈のムード歌謡日和 [DVD]

 

 

最上段がリーダー、酒井一圭さん

中段向かって左がLiLiCoの旦那さん、小田井涼平さん

中断向かって左が林田達也さん(当時、現在引退)

下段左から後上翔太さん、白川裕二郎さん、友井雄亮さん(引退)