DVD - BOX CCRA-3002 グラップラー刃牙 最大トーナメント編 バキ最強伝説SPECIAL DISK1〜DISK12+特典DISK 新品 送料無料


少女漫画家はデビューが早いよね。高校生で…というパターン。新人賞でデビューして、その後編集者が付いての指導があって…というコース。


>古くは桑田次郎さんの13歳デビュー。

京都平安高校のハンドボール部のキャプテンは夏休みにデビューが決まっていた。バッテリーの作者。

それから、岡山の進学校卒で卒業生が皆、大学進学するなか、一人だけ少年ジャンプでデビューしたドーベルマンデカの人。


大島やすいち氏(ですよね)デビュー早かったんだ。平安のハンド部キャプテンだったとは。

ドーベルマンの人平松伸二氏は進学校出身だったのか。初めて知りました。


>皆、絵もストーリーもすごくて、でも、未成年が大人相手の厳しい業界で、トラブルも契約上の被害を被ることもなく、よく今日までやって来れたと感心します。


絵が上手いかどうか(早さも含む)が判断基準ですよね。ストーリーは原作者を付けて指導すればなんとかなるんで。でもデビューが早いか遅いかは、どうでも良いことです。早くても伸び悩む作家は多い(少女漫画)。

大手では新人囲い込み(他所に取られないように)をするんです。といっても最近は業界も下り坂ですから、昔ほどの囲い込みはないようですが。編集が関わり過ぎて作家を潰すというパーターンが少なくないような気がします。




【注記】 筆者の友人の大漫画家もデビューは22歳。早い方ではない。結婚して家族を養うために漫画家になったと言うから、漫画を描いて稼ぐことに苦労もなく、苦心もせず、サラリーマンよりは手っ取り早く稼げると言って脱サラで斯界に進んだというからすごい。