純烈新メンバーについては既に二年前からリーダーの構想があった

純烈新メンバー募集

【Aタイプ】純烈のハッピーバースデー/そっと涙のラプソディ

と言うニュースが29日に流れたが、ちょっと寂しい気がする。

純烈が今のポジションにまで登ってきたのは歴代のメンバーの努力によるものだ。

そのメンバーには、林田達也さんも友井雄亮さんも含まれる。

 

 

目標とした紅白出場まで十一年。

その間、歌手としてのギャランティーだけでは到底、食っていけず、

メンバーはバイトをしながら健康ランドなどで営業を続け頑張ってきた。

そんなことはボクよりも先輩ファンの皆さんの方がよっぽど詳しいはずだ。

ボクごときが、あれこれ言うことは大きなお世話だ。

純烈には純烈の大人の事情があり、事務所の戦略がある。

 

新メンバー募集について、「ラーメン二郎システム」、「大勝軒システム」、「のれん分け方式」とか、言う案が出ているという。年収条件は500万円ともうわさされている。

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

 

だけど、ボクにとっては、従来のメンバーで苦楽を共にした林田達也さんや友井雄亮さんに対する思い入れが深いので、新メンバー募集オーディションで、EXILETAKAHIROタカヒロさんクラスのスターが加入するとしてもにわかには受け入れ難い気がする。一ファンとしては慣れるまで時間がかかるに違いない。

 

米倉涼子×鈴木砂羽×江角マキコ

 

事務所やメンバーやプロデューサーの酒井一圭さんのすることだから間違いないだろう。ボクから純烈に言うことは何もない。(  って、あんた、純烈のなんなのさ⁉と言われたら、返す言葉もございません。)
                                2020年12月29日

☆     ☆     ☆

こういうことがあって二年前から、いや、もっと前から新メンバーに関する構想はあったみたいだ。
で、昨年小田井君の件があって岩永君が加入したわけだ。
岩永君の人柄の良さが奏功しているのか、メンバー交替は自然な感じでいい。
二年前には心配していたような違和感なし。


  

                                2023年4月9日

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリー
お問い合わせ