健康

銀行の話・白い美少女


ボクの銀行勤務のオーラスは事務センターというところだった。十階建てのビルの三階が仕事場だったが8時~5時の残業一切なしの恵まれた「飼い殺し」職場であった。


 


僕のいた三階は一日中赤ペン持って、書類のチェックをするところだった。ここへ配属されてからノイローゼになったのもいるし、ここへ来る前に営業店では使い物にならなくなって飛ばされて来た者もずいぶんいた。


心因性の病で心療内科へ通院する者、営業店で不祥事を働いた者、傷害事件を起こした者、ハレンチ行為をした者、不倫が発覚して騒ぎを起こした者など等、現在だったら


懲戒解雇されて当然のような素晴らしいキャリアの銀行員たちの、言わば、吹き溜まりであった。


かく言うボクは、たった一回支店長の机を蹴飛ばして「あんたはバカか⁉」と言っただけである。ここに飛ばされた理由がわからん(今思えば、十分適格者だ。)と思った。


 


事務部であるから、書類、電算システム関係、検査関係、手形小切手の集中センター、それから硬貨の袋詰めなどもこのビルの中でやっていた。


最上階に食堂があった。


ここだけが唯一銀行の設備らしい雰囲気があった。それと男女比率が7対3で女性が多かった。


【SWEET ROSE】リアル コスチューム OL シャツ リボン付き 事務員 コスプレ衣裳セット … (L, 半袖タイプ)


昼飯時は他の部門の女性と同席して食事を取ることがあった。


夏でも黒っぽいのスウェットパーカーを着ている美少女がいた。冬はパーカー付きの黒のブルゾンを着ていた。実際は二十代後半らしいがボクには少女のように見えた。夏も冬もパーカーのフード部分で顔を覆うようにして一人で行動していた。他の女性行員は制服だったが美少女だけはパーカーを着ていた。


UMP45 パーカー コスプレ 衣装 仮装 cosplay コスチューム 文化祭 ハロウイン (男性LL)


 


 


陰気かというと、全然そんなことはなく、挨拶を明るい声で返してくれた。ちょっと見ただけだが肌が白くて目鼻立ち整って人形のような美少女であった。


 


ボクは後輩のTといつも食堂に行ったが、ほとんどパーカーの美少女と同じ時刻の事が多かった。Tはたちまち、パーカーの美少女に惚れ込んだ。Tは場の空気が読めず、営業店では上司同僚から相手にされず、得意先からもTに対しての苦情が頻発し、ここに来た。


 


そのTが美少女に告白するという日になって社員食堂のおばちゃんがTに言った。


 


「あんた、あの子を好きなのはよく分かるけど告白するのはやめな。」


Tが驚くとおばちゃんは話し出した。


 


「あの子は紫外線がだめなんだよ。夏も冬も黒い頭巾のついた服着てズボン履いてるだろ。光線に当たると体調不良になるんだよ。それであの格好してるの。警察にもたびたび職務質問されるって。かわいそうだろ。あの子は恋愛も結婚もとっくに諦めてるのさ。結婚して自分と同じ体質の子が生まれたらかわいそうだって。友達も作らない。自分と仲良くしてもらっても、突然自分が入院したら周りは悲しむと思ってるの。」


少女☆歌劇 レヴュースタァライト キリンマーク ジップパーカー ブラック XLサイズ


「だから、挨拶だけにしときな。」


 


Tは絶句した。ショックを受けていたようだ。


「先輩、俺、今日、飯は要らないス。」


と言ってTは食券をボクにくれた。


 


その後ボクは、事務部長の机を蹴飛ばしたので飛ばされる先もなく早期退職となった。


 


 


Tと美少女がどうなったのかボクには分からない。


緑内障検査に行った < 異なる二人のドクターの対応 >


BlogPaint
眼圧の上昇によって視野が狭くなる病気。

健康診断で目の異常を指摘された。

医大の付属病院に行ったら

「なんでうちに来たのか?地元で見てもらえばいいのに。」

と言われ、緑内障用の目薬をわたされ、

「一生、目薬は手放せない。」

と言われた。

原因や日常生活で気を付けるべきことなどを質問したら、

「ネットでもなんでも自分で調べてみなさい。」

と叱られた。




なんか、納得いかないで、いやな気がしたので

地元の病院に行くと、

親切な眼科医がいて、最初に

「目薬はやめましょう。ボクには緑内障であると断定できない。視野は右目がすこーし狭いかなという程度。左は、まったく正常。」

と言われた。

「ハンフリー検査というのを三か月おきにやりましょう。特に進行性も疑えない。今すぐに、手を打たなければというものではない。」

という説明で、少し安心した。





⑱〈 ボクが宅建を取った訳 〉過労死した親友



同期が過労死した。まだ、29歳だった。

大学ではラグビー部にいた。人一倍頑丈な身体をしていたはずの男がなんで、こんな目に合うのだ。
結婚して数年で、女の子と男の子が一人ずついた。訃報の少し前に、同じように幼子を連れた彼の家族とボクの家族が偶然、ぬいぐるみショーの会場であったばかりだった。

支店長によると、同期の彼は昼間は金利引き下げを受けて法人や駆け込み預金のお客の家を休む間もなく訪問し続け、夜は利下げ後に一気に提出する融資案件の構成のため職場で、半徹夜 が続いていたそうだ。

同期の出世頭で、同期の飲み会ではいつも中心にいた。年代を越えたゴルフコンペでもいつも上位だった。スポーツマンで話題豊富で周りを和ませたので、役員や上司、先輩、お客にも人気があった。

残業続きの明けで支店長主宰の接待ゴルフの打ち上げで、表彰式の司会中にマイクで話していてドスンと仰向けに倒れた。
彼がふざけていると勘違いした支店長が、「おい、君。ふざけるのはやめたまえ。」と言ったが、身体は、もうすでに動かなくなっていた。

救急車で運ばれた病院で心不全と診断された。


ボクは、彼を死なせたのは支店長であり、銀行だと思う。明るく、スポーツマンに見えた彼だが、生前、ボクには悩みを打ち明けた事がある。

ちょうど、ボクが、大阪の支店に転勤する前のことだ。もう、しばらくは会えないかも知れないと彼は電話で告げ、ボクを屋台の一杯飲み屋に誘った。


「大阪転勤、よかったな。お前は頭がいいから、出世するだろうな。俺の分まで頑張ってくれ。」

ボクは驚いた。彼こそは同期の出世頭で文武両道と思っていたその本人の口から、そんな言葉が出るとは夢にも思わなかった。

「俺は、そろそろ、この銀行を辞めようと思う。仕事はきついし、家族のもとにも帰れない。日曜は日曜で嫌な支店長のちょうちん持ちで、接待ゴルフだ、宴会だと、召使い扱いだ。
銀行に入って、覚えたのはノルマの消化方法と『預担*』くらい。決算書の分析もできないし、商業科出て入行した後輩の女子行員の方がまだましだ。」


やけに厭世的な彼の言葉が最後の会話となろうとは、ボクは夢にも思わなかった。

「辞めてどうする。」

「親戚が田舎で小さな不動産屋をやっている。跡継ぎもいないし、そこに行くつもりだ。」

それから、彼は亡くなった。


告別式に間に合わなかったむボクは、彼と特に仲の良かった二年先輩の人と彼の実家に向かった。


同期の両親の悲しみ様は見ていて気の毒で哀れで僕と先輩は滞在中、ずっと涙が止まらなかった。

線香をあげてお香典を供えお悔やみを申し上げると父親が息子のことを話し始めた。

「息子は、かねがね言っていました。自分は銀行員は務まらない。残業で身体を壊しそうだし、寝不足で運転中、何回も事故を起こしそうになった。ノルマができないと、人格を否定されるように罵倒されるし、給料もいつまでたっても増えない。
接待ゴルフだ飲み会だと上司にいいように振り回されて、肝心の銀行業務や決算帳簿、外国為替、融資案件の取り組み方法については何も指導してくれない。質問しても自分で勉強して身につけろと突き放される。そして、なにより、仕事に生きがいも熱意も持てない。健康状態も限界だし、精神的にも参っていると。」

母親が言葉をつないだ。

「先週、あの子から電話がありました。叔父の不動産会社に入れさせてほしいから、話を通してくれというものでした。銀行はどうすると聞いたら、来週にでも退職届を出すのだと。もう決心したからと言っていました。」

そして父親はボクらに言った。

「私の兄弟が不動産屋をやっていまして、息子は空いた時間で不動産の免許を取る勉強をやっていました。息子と仲良くしてくださったあなた達に形見と言って何もないのですが、この不動産の資格試験の本をもらってやってください。それから、息子のように過労で職場のせいで命を縮める人が出ないような会社にしてください。」

先輩とボクはありがたくご両親のご意思をいただいた。先輩は参考書をボクは問題集をもらった。
同期の家を辞して後、先輩が僕に言った。

「お前、あいつと親友だったんだから、これで勉強して。、いつか宅建取ってやれ。」


先輩はもらったばかりの参考書もボクに押し付けた。

「いやですよ。俺、不動産に興味ないし、頭悪いし。ムリムリ。」

「いや、亡くなったあいつは同期の中じゃお前が一番頭いいと言ってた。すまんが、お前、いつでもいいから、それがあいつの供養だから、弔い合戦と思って、宅建取ってやってくれ。」


先輩は調子のいいことを言って、すべての責任をボクに負わせた。ボクは仕方なく勉強を始めた。

それでも、相変わらず、銀行のノルマやバカな勤務体系は変わらずボクらにのしかかってきた。あんまり、たびたび、不合格が続いて受験をあきらめた年もあった。合格まで年月がかかりすぎて同期の受験しようとしていた資格は「宅地建物取引主任者」から、「宅地建物取引士」と名称が変わった。

やっと合格した時にはボクは中年を過ぎていた。合格して間もなくボクは銀行を退職した。



  *預担=預金担保貸付
     預金を担保として拘束し貸し付ける融資方法
     融資は、預担に始まり、預担に終わるともいう。
     単純預担もあるが、預金者と借入人が異なる場合など権利関係が複雑になることもある。

     同期が預担は簡単と言ったのは手続きは単純だというほどの意味でした。