白川裕二郎

白川裕二郎さんの地上波出演について




白川裕二郎さんと押切もえさんと落語家の三人がテレビに出ていた。

タレント考案のファーストフードをスマホのアプリを通じて消費者に注文してもらいその数の多い人を勝ちとするゲーム番組だった。

裕二郎さんがグループや酒井一圭さんの突っ込みやフォローなしに単独で出演している点がたのもしかった。

映画とかテレビドラマで台本のあるやつは安心してみていられるんだけど、ライブとか取り直しなしの編集なしのバラエティー番組とかクイズ番組はハラハラする。

番組によっては裕ちゃんの失言や天然ボケをわざとクローズアップする場合があるから。

裕二郎さんが奥さんについて語ることが


純烈LIP UBU LOVE 白川裕二郎 with プロポーズレッド (純烈撮りおろしブックレットシリーズ vol. 3)





裕二郎さんが奥さんについて語ることがほとんどないことから本当に結婚しているのかと心配したりしているが、大きなお世話だろう。

コンサートツァーでも、ライブハウスでも、テレビやYouTubeでもほとんど奥さんについて話しているのを聞いたことはない。なにも芸能人だからと言って家庭内のことについて話す義務なんかない。

夫婦仲良く暮らしていたってそれを世間に開示しなければならないと言う義務はない。奥さんの事を大事に思っているからこそ、公の場では何も語らないのだろう。夫は芸能人だが妻は一般の人で世間にさらしたくないと言う気持ちは良くわかる。

特に裕二郎さんの最寄り駅までつけて行ったストーカー老婆の話や、酒井一圭さんに脅迫状を出したり包丁を送りつけたりした異常者の話を聞くにつけ腹が立つ。こんな奴らは到底ファンとは言えない。


メンバーから料理は(奥さんと裕二郎さんの)どちらが作るの?と質問されたときにも裕二郎さんは、
「妻が作る。」とか「ボクが作る。」とか答えてはいない。


「ボクは魚料理が得意だから、、、、」と言うふうにしか発言していない。
質問に回答していないけど、いいんだよ。そんなことはどっちでも。


世間に向かって奥さんの事をあれこれ言わない方が好感が持てる。あれこれ、聞かれてないのに妻が、妻が、と言う輩に限って離婚は早い。それはつまり相手の事を考えずに世間に公表するからだろう。


そうは言っても純烈の人気ボーカルだから奥さんに係る裕二郎さんの発言を聞たい気もする。ボクが知っている裕二郎さんが語る奥さんの関連話はあと一個だけある。ずいぶん前の話だが、

「奥さんの兄弟のとこの夫婦がコロナの陽性反応になった。」と言う話。
これとても妻がどうこうしましたとか、妻はこういう人ですと言う話じゃない。


これを聞いて(あっ、やっぱり裕二郎さん結婚してるんだ。)と思って安心した。
繰り返すがボクは白川裕二郎さんのファンであって、裕二郎さんの奥さんのファンではない。当たり前だけど。










純烈・白川裕二郎さんのツィート

あらいぐまラスカル ファミリーセレクションDVDボックス

ラスカルだよ
って呟いていたけど
裕二郎さんがアライグマ飼ってる訳じゃあないでしょう
彼んちは猫だけだよね

都会でペットとして飼っていたけど
育てきれずに捨てたり逃げたりしてるアライグマがいるって聞いたけど

その場合アライグマは半野生化して狂暴になると言うから
顛末は知らないけど気をつけたほうがいい。  

って今さら言っても遅いか


純烈ベスト Vol.1 2010-2015
この画像は古いね。友井くんと林田君が写ってるし、右端のリーダー今や渡辺徹みたいになってるし。

純烈・白川裕二郎さん。結婚してるって本当?

純烈 白川裕二郎 Vex~First 直筆サイン入り DVD


報道ではずいぶん前に、白川裕二郎結婚していたってあったけど、
本人が全然奥さんの事を語らないので、偽装結婚じゃないのかとか、
もう別居しているとか言う人もいる。

ひとり身ではないと思う。
裕二郎さんがツアーに出ているとき猫の面倒を見る人が必要だ。

裕二郎さんの大好きな母上は施設にいると言うから
自宅には別の誰かがいるはずだ。
それが奥さんだろうと思う。

素人さんだから顔出しNGなんだよね。それでいい。
芸能人としての裕二郎さんが好きなら彼だけ応援してたらいいよね。

奥さんはどんな人かとか、あれこれ詮索するべきではない。



どうしても覗きたければ他のメンバーで我慢しな。
小田井さんとこなんか夫婦ともに芸能人だから呼ばれてなくても自らTVに露出するし、
いじられるの好きどころか、喜んでるくらいだ。


紅白歌手「純烈」で一番ケンカが強いのは誰だろう?



一番強いのは白川裕二郎さんだ。
神奈川の高校柔道チャンピオンであり、若い頃朝日山部屋で
序二段まで行った力士であったことから
間違いなく、強い。
今も鍛え続けている。

リーダーの酒井一圭さんが5年間、プロレスMUSCLEに参加していた縁で三十歳の後半で
リングに上がったことがある。その時、ビッグ・パンダの着ぐるみを着たレスラーに対して
「ヒップアタック」を放ったことがある。ヒップアタックがプロレス技として効くのかと言うと、

効く!

古くはサンダー杉山の垂直型のヒップアタック。ちょっと前では、越中史郎の水平型の
フライングヒップアタックが有名だ。

裕二郎さんのは、越中史郎選手のに似ている。越中はガチンコレスラーだ。
異種格闘技戦で空手家をノックアウトした時もヒップアタックを使った。

その技を使った白川選手は只者ではない。彼の体幹の良さと格闘技センスを
物語るエピソードだ。


それから、ファンクラブのマダムが白川さんに尋ねたことがある。
ステージで「スターライト札幌」を歌った時だ。

「白川さん。もう廻し蹴りは、しないの?」

何のことかと言うと、この「スターライト札幌」という曲の終わりに歌い終えた裕二郎さんが
「バック・スピン・キック」をすることがあるのだ。
これは非常に難度の高い技で、小林邦明、佐山サトル(初代タイガーマスク)の得意技である。
身長が1メートル80センチ以上の日本人でこの技を綺麗に決めることができるのは、
破壊王故橋本真也選手と白川裕二郎だけだ。

さすがに廻し蹴りと言う言い方は古いが、バックスピンキック一つをとっても、彼が喧嘩に
強いという証と言えよう。


歌手だからね、別に喧嘩が弱くてもいいんだけどね。

大相撲遠藤関と純烈白川裕二郎さん

スポーツ報知 大相撲ジャーナル2018年5月号

遠藤関は、結婚して二場所目だったような気がする。あまり、結婚式のこととか、配偶者のこととか言わない。本業の取組後の勝利者インタビューでも必要最小限のことしか言わない。

インタビュアーは、遠藤関が何か怒っているのかと思うらしい。

遠藤関には、ポリシーがあり、

「相撲を取る人間は余計なことをいうべきでない。」

だそうだ。

 

 

BBM2019 大相撲■レギュラーカード■23/阿炎 政虎/前頭

 

この点、真逆のお関取が、阿炎関だ。勝利者インタビューで、

「もう、帰っていいですか?今日、お母さんの誕生日なんで、これから電話したいんです。」

と言って話を自分から切り上げた。

別の日はインタビューの後、インタビュールームを出ていくときカメラの前に戻ってきてVサインをして全国に放送された。

師匠、寺尾の錣山親方が、

「阿炎がインタビューに呼ばれると胃が痛くなる。何をしゃべるか分からないので、、、。」

といっていた。

 

ちなみに、純烈の白川裕二郎さんは、遠藤関と身長が同じで184~5

㎝と発表されている。(白川さんのファンの皆様に申し訳ないがこの項で白川さんの話題はこれだけだ。)

純烈のハッピーバースデー

心無いファンの裕二郎さんへのストーカー行為①


 

 

 好きだよ

これは聞いた話で白川裕二郎さんに直接聞いたわけじゃないけど、ボクの周りで複数の人が口にするのを聞いたので一言注意喚起しておく。

 

裕二郎さんが仕事を終えて最寄り駅へ帰ってきた。そしたら、老婦人が裕二郎さんを待ち構えていた。

「今日は私の誕生日だから何かくれ。」という。

 

「何も差し上げるものはないんですよ。」と裕二郎さんが言うと、老婦人は、

 

「あなたが今咬んでいるガムでいいからくれ。」という。

 

とんでもない話だ。これは、ストーカー行為じゃないのか?待ち伏せしてものをねだる。いくら、芸能人でも、いきなり見ず知らずの人からものをねだられて、はいと答えられるか‼

裕二郎さんは大人の対応でその場を乗り切ったというが、こんなファンはファンじゃない。警察へ突き出されたって、しかたない。

大相撲遠藤VS綱の富士( 白川裕二郎・神奈川県綱島町出身・純烈部屋・師匠は、はっちゃく親方)もし、戦えば?

 



白川裕二郎 ナンバーワン

綱の富士の時代の裕二郎 さんていまから20年以上前の話だけど、(43--18)=25年くらいか。

なんにしろ、凄いことだ。大相撲出身の歌い手は、文句なく元大関増位山だけど、friendlyでinterestingなのは、文句なく、「純烈・白川裕二郎さん」だとボクは、思う。

こういうと大相撲ファンも、純烈ファンにも嫌われるかも知れないけど、いいんだっ‼そんなのは。個人的感想だい!

涙‼涙!涙の白川裕次郎


Vex 白川裕二郎 [DVD]
白川裕二郎
ベガファクトリー
2003-03-25


地上波で『クイズ!アナタの知らないアナタ』という番組を見た。純烈のメンバー一人ひとりについてのクイズが出題されていた。

白川裕二郎さんへの問題は、

 

白川裕二郎さん、アナタのことを根性なしと思っている人は誰でしょう?」

 

というもので、電話の向こうから一人の中年男性の声が聞こえてくる。

 

「白川さん、お久しぶりです。」

 

誰だろう?裕二郎さん、一所懸命考える。

そして、いっぱい喋る。

 

「ボクは、ホストをしていた時期がある。お酒が飲めなくて一週間で辞めた。源氏名は滝沢翼。」

 

真顔で明るくカミングアウトするが、番組の出演者たちからは笑い声が聞こえ、大いに受ける。

違っていた。

また、考える。

 

「相撲を取っていた頃、お世話になった人かなあ。」

 

写真を見せられる。

裕二郎さん、思い出す。名前は「玄海桃太郎さん。」

 

相撲の世界では、体重が増えず、腰を痛め、序二段で廃業。

玄海さんは、先輩で恩人でいろいろと角界のことを教えてくれた人らしい。

 

ここで玄海さんの声が音声で入る。

 

裕二郎さん、早くもウルウルし始める。裕二郎さんの廃業の経緯を玄海さんが語る。

 

「(朝日山部屋から)ハワイに部屋の慰安旅行に行って帰ってきたら(裕二郎さんが)、逃げていた。」

「(強くなると期待していたから)残念でしたね。」

 

電話で玄海さんと繋がると挨拶をして、あとは涙、涙、涙の裕二郎。

 

この人は、まっすぐで純粋な面があるなあ。ホストの話なんか、知ってるファンも多いけど、みんな触れないでいたことだけど、自分からカミングアウトした。

しかも、明るくこう言った。

 

「お酒が飲めなくて一週間で辞めました。源氏名は滝沢翼。」

 

ちゃんと落ちまで付いている。