宮本武蔵

森鴎外、吉川英治、板垣恵介、それぞれの武蔵



先年、「<板垣恵介の漫画「刃牙道」が描く宮本武蔵の真実>佐々木小次郎は剣豪武蔵のライバルだったのか?」という記事を書いた。論点は三つ。

1. 日本人は、吉川英治の小説以来、宮本武蔵を誤解している。
2. 板垣恵介の漫画「刃牙道」は武蔵に対する誤解を解く。
3. 佐々木小次郎は、剣豪武蔵の最大のライバルとは言えない。

分かり難いとご指摘があったため、以上に対して補足する。

前提として吉川英治の武蔵は「創作」としては素晴らしい。それは認めている。その上で、以下に説明したい。



(1)昭和十年、吉川英治が朝日新聞に小説「宮本武蔵」を発表したことによって、読者が小説の内容を史実と誤解した。

この根拠を「随筆・宮本武蔵」(彼の略史伝)吉川英治著より引用する。

 「私(吉川英治)は、前にも、幾度か云っている。史実として、正確に信じてよい範囲の『宮本武蔵なる人の正伝』といったら、それはごく微量な文字しか遺っていないということを--である。それは、むかしの漢文体にでもしたら、僅々百行にも足りないもので尽きるであろう。」

(2)連載中の板垣恵介の漫画「刃牙道」は、小説「宮本武蔵」を参考としていない。

板垣恵介は漫画「刃牙道」の連載前に熊本を取材に訪問しているが、小説「宮本武蔵」も「二天記」も参考にしてはいない。…
武蔵自身の著作であるとされる「五輪書」からの引用は認められる。

(3)「佐々木小次郎」について存在したという確証が掴めない。伝承は不詳である。

佐々木小次郎については詳細は分かっていない。現存する書物に残されている記載の多くは「岸流」、「岩流」、「巌流」、「佐々木某」、「津田小次郎」とされる人物が宮本武蔵と舟島(船島)で立ち会った。年齢不詳の者となっている。

予断だが、吉川自身もずいぶん一人歩きをする小説「宮本武蔵」に迷惑を被ったらしい。小説には宮本武蔵が武蔵(たけぞう)時代の親友として「本位田又八」という架空の人物が登場する。臆病で卑怯未練なオッチョコチョイに描かれている。

当時、東京帝国大学教授の本位田祥男(ほんいでんよしお)博士は朝日新聞に「宮本武蔵」が始まるや東大生から「又八」、「又八」と揶揄されて困ったそうな。ついに怒り心頭、新聞に「『又八』などと言う者は私の先祖にはいない」として抗議文を発表した。文豪はひたすら帝大教授に謝したという。

ついでながら、明治の文豪森鴎外の「阿部一族」には六十一歳となった武蔵が登場する。「阿部一族」より引用する。

阿部一族・舞姫 (新潮文庫)



「畑十太夫が、最初討手を仰せ付けられた時に、お次へ出るところを剣術者新免武蔵が見て、『冥加至極の事じゃ、随分お手柄をなされい。』と云って背中をぽんと打った。十太夫は色を失って、手が震えて締まらなかった。」

反乱軍阿部一族鎮圧の討っ手として武蔵に励まされた十太夫は敵前逃亡した。…

武蔵のとんだ見込み違いである。これはおそらく史実に基づいている。なんとなれば、寛永十四年(1637)武蔵五十六歳から正保二年(1645)武蔵六十四歳で死去するまでの武蔵の所在と言動についてはおびただしい数の武蔵以外の人の手による書状や記録が残っている。

現在、確かな史実と言われるものの中から少し開示する。細川忠利は武蔵を熊本に招いて客人として寓している。武蔵は仕官したわけではないので軍役、役職などは全て免除された。
熊本城物語 (中村彰彦 史伝シリーズ 歴史の裏に真あり1)


寛永十七年十二月より毎年、三百石の米が細川藩から武蔵に贈与されている。藩主から家老、家老から配下の者への申し状には、武蔵への三百石の届け方が事細かに記載されており、藩主がいかに武蔵に対しリスペクトし、礼を尽くしたかが見て取れる。

 「一、(配達の者は)毎年恒例だから届けに来たと言う態度を取ってはいけない。これは棒給や扶持米ではない。一、石高はきっちり、三百石とせず毎年少しずつ変えて渡すのが礼儀だ。一、役人の申し状は決して相手の方(武蔵の事)に見せてはいけない。申し状は言わば家内文書であり御客様(武蔵の事)には藩主からの気持ちばかりの贈り物と言う振る舞いをすること。」

以上の奉書は現存する。

熊本県立美術館には武蔵自筆の「独行道」(どっこうどう)二十一ヶ条が残っている。吉川英治の小説においてたびたび引用されているこの言葉は実は、宮本武蔵本人のオリジナルである。

 「我事において後悔せず。」


史実と小説・宮本武蔵の真実


 「闘いの螺旋(らせん)、いまだ終わらず~漫画家・井上雄彦」

 

 

歴史小説を大衆小説から国民文学の地位に引き上げたと言われる吉川英治は大変な苦労人で小学校も出ずに丁稚奉公をしながら独学で小説を書き、「新書太閤記」や「新・平家物語」、「太平記」、「水滸伝」を世に出したという。

宮本武蔵 巌流島の決斗

 

中でも昭和十年から連載した新聞小説宮本武蔵」は大人気となった。「宮本武蔵」は何度も映画、テレビ、舞台で演じられ、漫画や絵物語にアレンジされている。

吉川英治は何度と無く講演依頼を受け、そのつど繰り返し言い続けてきた次のような言葉がある。

 

「私は一小説家です。歴史学者ではありません。『小説宮本武蔵』は取材、調査はしたけれども、あくまで私の描写による創作された人物です。

 

吉川英治の「宮本武蔵」の底本は「二天記」であると言われる。「二天記」は『吉川の描いた武蔵』のイメージ通りである。特に「舟島の巌流佐々木小次郎との決闘シーン」は、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』である。

 

武蔵の行動、巌流との会話、立会人の様子、果し合いの内容、舟島の情景、決着のつき方等など。そして、戦前、戦後しばらくの間、多くの映画、テレビ、舞台、絵物語、漫画などは、「二天記」イコール『小説宮本武蔵』の通りに描かれてきた。

 

しかし、「二天記」は、武蔵の死後、百十年以上経ってから武蔵の縁者が舟島の船頭の子孫から聴いた話をまとめた物で、史実としての価値は低いと言う歴史家が多い。眉目秀麗な青年、長身天才剣士のイメージの佐々木小次郎は決闘当時、五十歳を超えた無骨な髭だらけの男と言う説もある。

 宮本武蔵「五輪書」 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)

そもそも「佐々木小次郎と戦った」と武蔵自身が著作「五輪の書」に一行も書いていない事から、「小次郎創作説」もある。武蔵自身についても「武蔵二人説」がある。また史料価値の高いとされる「五輪の書」にしてからが「生涯六十戦余りで無敗」と記録されていて疑問視する史家がいる。

 

武蔵が戦ったのは十三歳以降十五年間ほどであるから、ほぼ三ヶ月に一度ずつ真剣勝負を行い相手を倒していたことになる。異常な勝負強さ、無敵の剣術家と言う他ない。それなのに「五輪の書」には命懸けの果たし合いをした相手の名は「有馬喜兵衛」と「秋山某」の二名しか書かれていない。

 

下関市在住のある郷土史家が宮本武蔵佐々木小次郎の真実を知りたくて舟島(船島、巌流島)の明治時代を土地登記簿謄本から調査し直した事がある。写真も明治以降現代に至るまで数十点を集め、江戸時代の舟島の絵図面や錦絵まで検証した。地元の古老にも伝承を取材した。

 

その結果、舟島は武蔵と小次郎の決闘以降、自然の変化(潮流による土砂の堆積、または侵食)と戦前の三菱造船の軍艦の造船施設の構築のため、地形が大幅に変わっていた。時に二島に分裂したりもしている。

 

結局、武蔵と小次郎の真実に触れるどころか、舟島の地形の検証のみで1冊の本を書き上げてしまった。つまり、地球上にはどこにも武蔵と小次郎の戦った時代の舟島は存在しないのだ。

 

現実はある意味残酷で小説のインタレスティングを奪ってしまう。しかし、下関の郷土史家は吉川英治を世界的作家として認めている。国民的作家ではなくてだ。小説は史実を逸脱しているから、認めないという事ではない。史実はひとつとは限らない。

 

小説に言う宮本武蔵と京都の吉岡憲法一門の一乗寺下り松の決闘を含め、武蔵は吉岡一門を皆殺しにした事になっているが、吉岡家は染色業として家系は残った。吉岡家伝来の古文書によると吉岡憲法が武蔵と立ち会ったのは事実だが、憲法は武蔵の額を割ったとしている。

 

武蔵は「今のは相討ちだ」と主張したけれど再試合を誓った約束の場所に二度と現れなかった。怖気づいて逃亡したと言うのである。吉岡家が剣術家を廃業したのは洛中騒乱の罪を被った為と言う。しかしこれは吉岡家の史実である。

 

史実と小説は表裏一体である。小説は史実を写す鏡である。小説はでっち上げであると蔑む必要もないし、史実は何の面白みもないと突き放す必要もない。史実は小説よりも奇なりである。